ガラスや岩塩でアートな空間を|光と組み合わせる美しいインテリア

ledの種類とメリット

電球

近年、室内照明としてLEDの蛍光灯が多く用いられるようになってきました。LED蛍光灯というのは従来の蛍光灯と違い、様々なメリットのある製品です。しかし、その種類は様々でそれぞれに得られるメリットは変わってきます。ここではLED蛍光灯の種類と各メリット、デメリットについて知っていきましょう。
まず、最初にあげられるタイプは電源外付けタイプのLED蛍光灯です。電源外付けタイプを使用した際に得られるメリットは電熱等の内部熱の影響を受けづらいといった点です。こういった電気系に使われている電源というのは熱の影響を受けやすく、熱の影響を受け続けることで故障することも多々あります。そのため、電源外付けタイプは熱による故障が発生し辛いのです。また、電源を外付けにすることでランク管径を細くすることが可能となり、それに伴って重量も軽いものとなります。そのため、デザイン性のある照明器具の使用することができるといったメリットも得られるのです。デメリットとしてはメンテナンスに手間が掛かるといった点があげられます。その理由として、電源部とランプ部が分かれているために故障等の症状が見られた際、電源とランプのどちらが故障原因となっているのかを判断し辛いといったことがあるのです。次に、電源内蔵タイプについて知っていきましょう。電源内蔵タイプは電源が内蔵されているため熱による影響を受けやすく、寿命が電源外付けのものに比べて早いといったデメリットがあります。メリットとしては、メンテナンスのし易さがあり、内部配線が簡単になっているため短時間で修理をすることが可能なのです。