ガラスや岩塩でアートな空間を|光と組み合わせる美しいインテリア

狭い部屋のインテリア配置

内観

インテリアというのは、その製品と配置の仕方によってはオフィスや自宅をデザイン性あるふれる空間にすることのできるアイテムです。インテリアと一口にいっても、その種類は様々で主に家具や照明が挙げられます。これらのインテリアを上手に活用することによって六畳の一人部屋も収納性のある快適空間にすることも可能です。
六畳の一人部屋というのはとても狭く、家具等を配置するのは戸惑われるかと思います。しかし、その広さに合ったインテリア家具を導入することで部屋を広くみせ、快適に住むことができるようになるのです。色々ある家具の中でもベッドは大型なため特に幅をとり、その配置に悩まれることでしょう。ベッドの配置は窓際を避け、生活動線の邪魔にならない箇所に配置するのが最適です。その中でも、窓から入る光が多く当たる箇所を避け部屋の角といったデッドスペースになることが多い箇所に設置しましょう。また、ベッドの中でも高さの低いものを選ぶことで部屋をより広くみせることが可能です。また、ベッドは壁に横付けすることによってソファーとして利用することも可能なインテリア家具なので、上手に配置しましょう。また、来客時にベッドが見えるのが嫌だという場合にはシェルフユニット等のインテリアで仕切りを作ることで収納スペースとデザイン性を確保しつつ、ベッドを隠すことができます。また、シェルフユニットにすることによって部屋が狭く見えることを避けることもできるでしょう。このようにインテリアは上手に配置することで、狭い部屋でも快適で住みやすくすることができるのです。